COMPANY43.com

2018年2・3月号 vol.18

【編集長より】みんなで叶えるから奇跡

2018年02月02日 22:31 by howdys

みんなで叶えるから奇跡

2018年になり最初のCOMPANY43。

表紙は「足利銘仙アロハプロジェクト」で制作するアロハシャツの柄です。この柄は足利市立美術館に原画が残っている足利銘仙の柄。この柄がハワイに羽ばたきます!
来年は初めてハワイに日本人が移住しはじめてから150年を迎える記念すべき年。ハワイと日本の交流の大切なメモリアルイヤーです。この表紙の柄を足利商工会議所からご提供いただき、足利市内の企業のご協力で生地にプリント。その生地をハワイに送り、made in Hawaiiのアロハシャツとしてハワイの有名ブランド「Kona Bay Hawaii」さんとのコラボで製品化します。
海もない栃木県足利市で生産していた銘仙をハワイの日系移民のみなさんがシャツに仕立て直し、それがアロハシャツの起源の1つと考えられる…。そんな不思議な歴史の中の出来事を再現する企画。これがいよいよ実現することになりました。
3月にハワイで行われるホノルルフェスティバルの期間に、この日系移民150周年をお祝いする目的でこの「足利銘仙柄」のアロハシャツをハワイの州知事とファーストレディーに贈呈させていただくことも決定しました。新聞やテレビ各局に取り上げられていることでご存知の方も多いかもしれません。
この企画が実現する実感が増すにつれて、これは奇跡だな、としか思えない日々を過ごしています。企画が生まれてから半年。その短期間で全てを実現できたのは、足利はもちろん、日本全国、そしてハワイのみなさんのご支援とご協力のおかげです。クラウドファンディングも楽曲制作とアロハシャツの制作で大勢の方にそれぞれ200万円、250万円というハードルの高い目標を達成させていただきましたし、一般のみなさんから足利市内の企業のみなさん、ハワイの現地の方々、ハワイを代表する企業のみなさんが本当に快くご協力くださりました。だから実現できるところに来ました。
夢を実現する、というプロセスは1人でできるものではありません。みんなで叶えるから奇跡なんだ、そう思います。
前回の号でクラウドファンディングをお願いし、表紙に「みんなで叶える奇跡」と書きました。今、年が明けての2018年。「みんなで叶える奇跡」がみなさんのおかげで本当に叶ってきました。本当にありがとうございます!
2018年も何卒よろしくお願いいたします。

関連記事

【編集長より】「私はアーティスト」と言える子どもたち

2018年8・9月号 vol.20

【編集長より】アンテナが高い「子ども」たち

2018年6・7月号 vol.20

【編集長より】ハワイの人たちとの市民同士の絆 ーアイゼンハワー大統領の言葉ー

2018年4・5月号 vol.19

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。